トップページ > スタッフインタビュー > 技術係 土木技術員 上潟口 知世

技術係 土木技術員 上潟口 知世


上潟口知世

ものづくりの最前線で活躍できる女性技術者のパイオニアを目指して。

入社3年目の上潟口知世さんは、植村組待望の女性技術員。一人の技術者として、女性として、土木・建築業に就いた経緯や、いまの仕事に対する率直な思いを語っていただきました。

インタビュアー植村組へ入社したきっかけを教えてください。

上潟口さん高専で土木工学を専攻し、専門的に学ぶにつれて、土木業の奥深さや面白さを知りました。植村組を選んだのは高専の先輩が活躍されていたのがきっかけです。もともと地元で就職したかったので、実績のある企業でさまざまなことに挑戦したいと考えて、応募しました。

インタビュアー現在の業務内容について教えてください。

上潟口知世

上潟口さん入社当初から土木課で積算業務を担当しています。積算とは、公共工事などの請負工事費を算定する仕事です。学生のみなさんは入札という言葉をニュースなどで耳にしたことがあると思いますが、私自身もこの仕事に就いて初めてその仕組みを理解できるようになりました。積算額によっては工事の受注を左右することもありますので、責任は大きく、スピードと正確さが求められます。いまは先輩方の指導を仰ぎながら、ひたすら勉強中の毎日です。

インタビュアー仕事を通じて得たもの、学んだことを教えてください。

上潟口さん積算業務は、世の中の流れを把握しておかなければならない仕事なので、先輩方の話を聞きもらさないようにしています。今のところ現場に出る機会はなかなかないのですが、将来に向けて資格の勉強も始めています。土木・建設業というと、怖いイメージもあるかもしれませんが、面倒見のいい先輩方が多く、とても働きやすい職場です。

インタビュアー今後の目標はありますか。

上潟口知世

上潟口さんまずは積算のスキルアップが第一ですが、ゆくゆくは技術士の資格を取得し、女性技術者もしっかりと働けることを内外にアピールしていきたいです。いま、植村組では、「SHEL’s(シールズ)」という女性社員のチームが活動しています。女性の視点と感性を活かして、より安全かつ働きやすい現場をつくるプロジェクトですが、女性技術員は今のところ私一人なので、仲間を増やしたいですね。

インタビュアー先輩として、入社を検討している学生さんへメッセージをお願いします。

上潟口さんいま、パワーのある女性が多いと思います。そんな女性のパワーをものづくりに向けてみませんか。土木・建設業は、実績が目に見えるやりがいのある仕事です。さまざまなことにチャンレジできる業界だと思いますので、ものづくりが好きな方、新しいことをしたい方はぜひ一緒に頑張りましょう。

上潟口知世

社員プロフィール

上潟口知世。技術係 土木技術員。2013年入社。鹿児島市出身。鹿児島工業高等専門学校 専攻科 土木工学専攻卒業。趣味はオフロードバイクと、社会人になってから始めたテナーサックス。

その他のインタビュー

トップへ戻る