トップページ > 採用情報 > 先輩×後輩 対談(土木)

先輩×後輩 対談(土木)

先輩後輩仕事対談

植村組では案件ごとに、先輩と後輩がチームを組んで仕事をしています。
このコーナーでは、共に働く2人の土木技術員が植村組の仕事や社風について語り合いました。

植村組に入社したきっかけは?

taidan01

土木・建設業は、作ったものがカタチになり、後世に残る仕事です。その点に魅力を感じました。私は川内の学校に通っていたので、地元で大きな仕事をしているところという観点から植村組を選びましたね。

実は僕、学生時代は会社のことをまったく知らなくて、高校の担任の先生に「鹿児島県で一番大きい会社に行きたい!」と言ったら、植村組を紹介されました。とにかく、上を目指せる会社が良かったんです。

現在の担当業務について

土木工事の施工管理を担当しています。元請け業者の代表として、工事が始まる前には発注者や契約業者との打ち合わせや地域住民の方々への説明を行います。また、実際に工事が始まれば、安全・品質・工程・予算といったあらゆる現場の管理業務が仕事になります。

今は測量関係を主に取りまとめています。工事が始まれば、施工管理者として現場計画や、協力業者、職人さんへの作業指示も行います。

これまで一緒に担当した現場は?

薩摩川内市の公園で親水護岸の整備工事を担当しました。既設の護岸を撤去し、子どもたちが触れ合う場所を作るという公共工事でした。

次は東郷小中一貫校の調整池整備工事に入ります。今、一緒に測量計画をしているところで、濵田さんとの現場は今回が2回目になります。

後輩から先輩への質問

taidan03

今まで会社がどういう変化をしてきたのか興味があります。今と昔の違いがあれば教えてください。

昔と今との違いと言えば、業者さんや職人さんへの外注が増えたということかな。建築関係は昔から外注も多かったと思いますが、土木は少なかったんです。職人さんの管理が減ったぶん、最近は書類が増えたので、トータルの仕事量は変わりませんね。

先輩から後輩への質問

taidan02

社会人になって4年目ということで、学生時代と比較してどんなところが変わったと思う?

若手・ベテランを問わず、技術員として働いている以上は、責任感を持って仕事をしなければならないと思うようになったところが学生時代から180度変わりました。自分からしたら大先輩の業者さんや職人さんに対して、立場上指示をしなければならないので、しっかりと責任感を持って、それだけの仕事をやり切らなければならないと考えています。

西村くんは会社の寮に住んでいるんだよね?

はい。寮があるから、会社の人と自然と打ち解けられるし、知り合いも増えて助かっています。施工管理者は現場に出ることがほとんどなので、たまに会社に戻ると知らない方がいっぱいで(笑)。またそれも面白いところだと思いますね。自分はもともと人見知りだったんですが、現場で鍛えられて、今は初対面の人とも自然と話せるようになりました。

植村組の社風について

年齢や社歴を問わず、話しやすい雰囲気があると思います。西村くんはうちの息子と同じ年なので、息子のような感覚で世間話もしているよね(笑)。

週明けだと「土日に何してた?」とか(笑)。社風なのか気兼ねなくしゃべりますよね。

植村組では新入社員の時から現場に出て、段階的に仕事を任せながら育てていきます。だから、若手であっても自分の意見をしっかりと主張できるしね。

はい。一人ひとり自分の意見を言える状況にありますね。

現場の雰囲気が良くないと、ケガにもつながりますからね。現場の職人さんたちともしっかりとコミュニケーションを取って仕事を進めるようにしています。

仕事のモットーは?

taidan04

たとえば今、測量を任されているのですが、ただ測るのではなく、どうすればその先に作業をする方が効率よく仕事を進められるのか、そういうことを考えながらやっています。与えられた仕事をいかに工夫して、追求して、ベストな状態まで持って行けるか。自分はまだ4年目なので、知らないことしかないと思っています。上司の仕事を少しずつ学びながらも、常に今の自分の仕事や職業を追求していきたいですね。

西村くんはどんな仕事にも真剣に取り組んでいて、追求心が見て取れます。そういうところがあると伸びますよね。私は後進を指導する立場として、できるだけ感情的にならずに、それぞれの性格や資質に合わせて分かりやすく教えることを心掛けています。もちろん、現場では安全第一。それが大前提です。

植村組がいま求める人材とは?

西村くんみたいに、やる気のある方、勉強熱心な方ですね。

うちの会社は若手が新入社員の面倒をみることが多いんです。この3年の新入社員を見ていると、自分もそうだったんですが、やる気の出し方が正直分からないというか。仕事の内容が完全に分かっているわけではないし、どれをどう頑張ればいいのか分からないと思うんですね。まずは与えられた仕事、任せられた仕事を自分が出来る範囲で一生懸命やること、最期までやり遂げようとする気持ちが大切です。だから、学生時代の部活だったり、バイトだったり、何か自分で継続する力がある人が入ってきたらいいのではないかと思います。勉強は入ってからできますからね。僕も勉強は苦手でした(笑)。

入社を検討しているみなさんへのメッセージ

taidan05

施工途中は苦労もありますが、完成したときの達成感は言葉にできないほど大きなものです。何よりも後世に残る仕事だという他にはない魅力があります。かつてのガテン系なイメージから女性も活躍できる職場へと変化していますので、ぜひ積極的にチャレンジしていただきたいと思います。

仕事の90%はつらいこと、苦しいこと、大変なことです。残りの9%は楽しさだったり、自分が何かできたという達成感。そして残りの1%は工事が完成した時の喜びです。90%の苦しかったことをたった1%の喜びが超えていく。そのことを初めて現場を終えた時に僕は実感しました。その瞬間が今までの過程を全部超えるという体験ができるのはこの職業しかありません。どれだけ苦労したかで、その1%の見方も変わってきますし、ぜひそういう体験をしたいという人に来てほしいですね。

濵田英一

社員プロフィール

濵田英一。土木課 工事担当課長 土木技術員。1987年入社。川内職業能力開発短期大学校出身。植村組ひと筋に29年のキャリアを誇り、鹿児島市の人口島・マリンポートの護岸工事などに携わる。趣味は読書。休日は阿久根市の実家で海釣りを楽しむこともあるそう。

西村裕介

社員プロフィール

西村裕介。土木課 技術係 土木技術員。2012年入社。南九州市頴娃町生まれ。薩南工業高等学校出身。これまでに航空自衛隊の格納庫建設や南九州西回り自動車道の整備に携わる。休日前の息抜きは焼酎を嗜むこと。18系マジェスタを乗りこなす車好きの一面も持つ。

トップへ戻る