トップページ > スタッフインタビュー > 土木課 係長 土木技術員 福德 智弘

土木課 係長 土木技術員 福德 智弘


福德智弘

今あるのは皆様のおかげ。皆様が支えてくれたから、成長することができ、現場を任せていただけるようになりました。

土木技術員の福德智弘さん。大学を卒業後、植村組へ入社し、中堅社員として大きな現場を任される立場になった今。仕事にかける思いを伺いました。

インタビュアー植村組へ入社したきっかけを教えてください。

福德智弘

福德さん街や海の構造物を見て、どうやって造るのだろう?なぜここにあるのだろう?など誰もが一度は考えると思います。その小さな疑問を、仕事をしながら解決してみようと思ったことが建設業を選んだきっかけです。
 また、地元鹿児島の企業に就職したいという想いがありましたが、植村組は「鹿児島の建設業で一番の会社であり、多くの地域で工事をしている」という話を聞きました。ここならば、生涯働き、より多くの工事に携われると考え、植村組への入社を決めました。そして今、植村組は安全日本一企業を目指しています。その一員となり貢献できることをうれしく思います。

インタビュアー植村組の社風について教えてください。

福德さん従業員同士のつながりが強く、分からなければ教えてくれる。現場で問題が発生すれば、協力してくれる。当たり前かもしれませんが、快く返事一つでお互いに助け合える会社です。

インタビュアー尊敬できる上司や先輩について教えてください。

福德さん共に働いた方々全員です!入社してはじめての現場は、親元を離れ不安でしたが、多くの方々と考えや思いを話すことができました。今の自分があり、成長できたのは、そのおかげです。また、鹿児島大学の先輩方もいるので大変心強いです。

インタビュアー現場代理人の業務を教えてください。

福德さん現場代理人は、社長の代理で現場を預かり、会社の代表となります。プレッシャーも感じますが、同時にやる気も出てきます。現場では、現場全体の安全・品質・施工の管理を行います。また、発注者や協力業者や地域住民の方々とのコミュニケーションを取ることも大切です。要望を聞き、可能な限り応え、意見を一方的に押し付けないよう心がけています。

インタビュアー先輩として、入社を検討している学生さんへメッセージをお願いします。

福德智弘

福德さん仕事は、一朝一夕ではできません。入社してすぐは、分からないことばかりだと思います。分からないことは、「分かりません」とはっきり言い、聞き直したり質問したりすることで自分が成長することができます。教えてくれる先輩方がいますので共に成長していきましょう!

福德智弘

社員プロフィール

福德智弘。土木課係長。2000年入社。鹿児島市出身。鹿児島大学工学部海洋土木工学科卒業(2000年卒)。生まれも育ちも鹿児島。仕事で離島を含め多くの鹿児島の地域に行くことができ、その地域の方々との触れ合いが楽しいとのこと。プライベートでは、スキューバダイビングの免許を持ち、釣り好きな一面も。最近の休日は、仲の良い従業員と一緒に飲みにでかけたり映画鑑賞したりしているとのこと。

その他のインタビュー

トップへ戻る